Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

EFMD、オーストラリア、フランスおよび英国の課程3コースがEPAS認定取得

BRUSSELS, BELGIUM, Oct, 20 2016 - (JCN Newswire) - オーストラリア、フランスおよび英国の3つの機関がEPAS認定を取得しました。

現在世界では35か国100以上のプログラムがEPAS認定を取得しています。

オーストラリアのRMIT大学経営学部経営法学大学院、フランスのEDC Paris Business School、英国のウェスト・オブ・イングランド大学経営法学部Bristol Business Schoolの3つの課程がEPAS品質ラベルを取得しました。

「RMIT大学経営法学大学院では、MBA (エグゼクティブ)課程がEPAS認定を取得したことを、うれしく思います。EPAS認定の際、学校は課程設計と実施状況、課程の成果、品質保証プロセスについて詳細を調査されます。」と、学長のMark Farrellは述べました。「EPASはまだ始まったばかりで、競争力を維持するには、継続的に改善していく必要があります。まだEQUIS認証取得をスタートしておらず、準備ができているかわからないビジネススクールの皆様は、まずEPASの検討から始めることを強くお勧めします。その結果、課程が大幅に改善され、厳正な外部認証のメリットをよく理解できるでしょう。」

「EPAS認証を取得したことを誇らしく感じるとともに、EFMD認定校のコミュニティに参加できることをうれしく思います。」と、EDC Paris Business School代表取締役で学長のJean-Marcel Jammetはコメントしました。「認証取得プロセスは、校内プロセスを見直し、学生へのサービスを改善するよい機会でした。」

「BA国際ビジネスコースのEPAS認証を無事取得したことにたいへん喜んでいます。この認証は、課程の質の高さを推奨する証として重要であるだけでなく、当校が国際化、企業としての取り組み、継続的改善などに努力していることも示しています。」と、前副総長で経営法学部執行部長のDonna Whiteheadは付け加えました。

EPAS認定機構は、イタリアのMIB Trieste School of Managementの保険およびリスク管理プログラムも再認定しました。

EFMD協会品質サービス部長兼EPAS部長のDavid Asch教授はコメントしました。「EPAS認定プログラムのコミュニティに新たに3つのスクールが加わったことを、歓迎します。EFMDからのプログラム認証取得は、経営分野のプログラムの品質を証明する方法として、もっとも要件が厳しく、かつ効果的です。また、MIB Triesteの再認証取得に心からお祝い申し上げます。4つのスクールはすべて、プログラム開発の点で著しく進歩しており、その優れた努力に対する推奨に値します。」

EPASについて詳しくは www.efmd.org/epas をご覧ください。

EFMDについて

EFMDはビジネススクールと企業で構成される国際的ネットワークで、グローバルな経営学教育の水準向上と開発の最前線を主導しています。EFMDについて詳しくは www.efmd.org をご覧ください。

編集者向け注記:
このプレスリリースには、関連の画像があります。このプレスリリースに関連する画像は、次のリンクをご覧ください。
http://www.marketwire.com/library/20161018-EFMD_EPAS_accreditation_oct19_pic01.jpg

お問い合わせ情報
お問い合わせ先:
EFMD
Magdalena Wanot
+32 2 629 08 38

 
 
 

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.