Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

人工知能・データ解析スタートアップ企業『Nugit』、Sequoiaから520万米ドルの資金調達を達成

- 断片的なマーケティングデータを統合し、優れた戦略意思に変換させるNugit
- フェイスブックやジョンソンアンドジョンソンなどの企業で、レポートにかかる時間的コストを80%まで削減実現

SINGAPORE, Oct, 13 2016 - (JCN Newswire) - シンガポールを拠点とするスタートアップ企業『Nugit』は、Sequoia Capital India から520万米ドルの資金を獲得したと公表した。Nugitは、人工知能自然言語生成機能、デザインを組み合わせることで、データを即座にビジネス意思決定に活用できるレポートへと変換するプラットフォーム。これにより企業のマーケティング業務を効率化し、スムーズな連携を可能にする。

Nugitは現在、34カ国、500ブランドの146,000の連携した広告アカウントに対応。企業のスケールに合わせて拡大するそのテクノロジーは、GoogleAdobe Analytics、Facebook、Doubleclickなどのプラットフォーム上から、アカウント単体で最大8,500に上るデータソースを活用する。

デジタルマーケティング市場は2017年までに1,854億米ドルまで成長が見込まれる(PwC発表、Global Entertainment & Media Outlook Reportより)。これに伴い、膨大なマーケティングデータが生み出されると同時に、データ解析への需要はさらに今後大きく拡大する。しかし現状、アナリストはデータを解析するための準備(データ抽出、整理、集約など)に平均で50-80%の時間を費やしており、よりより改善策が求められる。

「現在マーケティングデータ運用に使われているシステムの多くには、スピードが遅い、料金が高い、システム活用に時間がかかるなどの難点があります。私たちにとってデータ解析とは、今よりも遥かに洗練され、高い知能を備えたものになる必要があると思っています。Sequoiaからの投資により、システムの研究開発を加速させ、アナリティクスの持つ可能性を大いに拡げることになるでしょう。」(Nugit 設立者、CEO デイビッド・サンダーソンよりコメント)

NugitのAI技術は、データ整理、統合、データソースの調和をリアルタイムで実現。また、解析結果には自然言語生成テクノロジーによって読み手に伝わりやすい考察が挿入され、「そのまま」マーケティングに活かせるレポートとして、メールまたはパワーポイント形式にて提供する。こうしてストーリー性を持って構成されたレポートは、美しいデザインによって完成。 格段に短い時間の中で、精度の高いレポートを入手可能となる。

以下、Sequoia India 副社長 ピーター・ケンプ よりコメント:
「あらゆる企業、出版社、エージェンシーは、数値データだけでなくその先を読み、日々ベターなビジネス戦略を生み出せるよう注力せねばなりません。その意味でNugitのプラットフォームが持つ知性、それによってもたらされる効率性、正確性、そして力強いユーザーエクスペリエンスはとても印象深いものです。」

Nugitについて

2013年設立。より優れたビジネス意思決定とはデータに基づくものであるというコンセプトのもと、マーケターをサポート。Nugitは人工知能自然言語生成、そして美しいデザインを組み合わせ流ことで、データを戦略決定に直ちに汎用可能なレポートへと変換させ、企業の業務効率化を叶える。

本社はシンガポール。2016年10月現在の従業員数は、データサイエンティスト、エンジニア、デザイナー、ストラテジストを含む27名。主なクライアントはFacebook Inc、Johnson & Johnson、Digi、GroupM、Starcom、Publicisなど。事業拡大に伴い、優秀なメンバーを積極的に採用中。
ウェブサイト: https://nugit.co/

取材、メディア関係のお問い合わせは下記までご連絡ください:
Ashley Lim
Nugit
+65 6221 7754
pr@nugit.co

f:id:JCNuser:20161014104313j:plain

 
 
 

セクター: ファイナンシャル, ITエンタープライズ, IT・インターネット, ビジネス, ベンチャーキャピタル

情報元リンク

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.