Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

エーザイ、当社企業価値・株主共同の利益の確保に関する対応方針(買収防衛策)の継続について

TOKYO, Aug, 03 2016 - (JCN Newswire) - エーザイ株式会社取締役会(議長:山下徹)は、本日開催の取締役会において、社外取締役独立委員会(委員長:角田大憲)より提案された「当社企業価値・株主共同の利益の確保に関する対応方針」(以下、本対応方針)の継続を決議しました。

上記提案は、本年6月17日開催の株主総会で選任された社外取締役7名全員により構成される平成28年度社外取締役独立委員会における審議に基づくものです。当委員会での審議の結果、本対応方針が以下の仕組みを有しており、現行どおり継続することを当社取締役会に提案することが妥当と判断されました。

(1)本対応方針は、経営陣の恣意性が排除される仕組みであり、経営陣の保身を目的とするものではない。
(2)本対応方針は、その有効期間内であっても、毎年、見直し・廃止が検討できる。
(3)株主総会の取締役選任議案をもって、本対応方針に対する株主の皆様のご意向を反映できる仕組みが確保されている。

本対応方針は、平成18年2月開催の取締役会において社外取締役独立委員会より提案され、導入したものです。その後、平成23年8月および平成28年4月の取締役会において、有効期間と一部記載事項を変更し、更新しています。

本対応方針については、取締役会の過半数を占める独立性・中立性のある社外取締役のみで構成する社外取締役独立委員会が、毎年、その継続、見直し又は廃止を検討することとしており、株主総会招集ご通知の参考書類に各取締役候補者の本対応方針に対する賛否を記載することで、株主の皆様のご意向を十分に反映できる仕組みとしています。

本対応方針の内容は、当社ホームページ「コーポレートガバナンス」に掲載しています。
(URL: http://www.eisai.co.jp/company/cgpolicy20160803.pdf

なお、本日現在、当社に対して当社株式の大規模な買付行為等の具体的提案はありません。

本リリースの詳細は下記URLをご参照ください。
http://www.eisai.co.jp/news/news201657.html

概要:エーザイ株式会社

エーザイ株式会社は、研究開発型のヒューマン・ヘルスケア(hhc)企業で、グローバルに研究・製品の開発・販売活動を行っています。エーザイは、神経・精神領域を含むインテグレーティブ・ニューロサイエンス、がん治療と支持療法を含むインテグレーティブ・オンコロジー、血管・免疫反応領域の3つの治療領域に活動を集中し、世界各地にある研究、生産、販売拠点を通じて、世界の患者様に貢献しています。エーザイ株式会社の詳細情報は www.eisai.co.jp をご覧ください。

 
 
Source: Eisai
セクター: バイオテック・製薬
 
Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.