Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Aryaka、2016年第2四半期に前年同期比150%成長と発表

グローバルSD-WANおよびアプリケーション加速化により、4四半期連続で大幅成長


MILPITAS, CA, Jul, 14 2016 - (JCN Newswire) - グローバルSD-WANプロバイダのAryaka(R)は、2016年第2四半期と2015年第2四半期を比較して、前年同期比150%以上の記録的成長を発表しました。これはAryakaにとって4四半期連続の大幅成長であり、新規顧客からの受注の急増、パートナーからの強力な支援、インストールベースの継続的拡張などが主な理由です。

特にミッションクリティカルアプリケーションのグローバル接続と加速化の需要増大が、今四半期の受注と拡張の増加に大きく貢献しました。AryakaグローバルSD-WANは、パブリックインターネットに伴うレイテンシや、MPLSの柔軟性の低さや高コストなどに悩まされずに、グローバル企業の抱えるこれらの問題に対応する唯一のソリューションです。

「弊社は堅実に業務を行い、すべての地域で大幅に成長し、今四半期もまた非常に高い収入を上げました。」と、Aryaka社長兼CEOのShawn Farshchiは述べました。「Aryakaはお客様にグローバル接続、アプリケーション加速化、および業務拡張能力を提供しています。今期の業績は、グローバルSD-WAN分野において弊社がリーダーの立場にあることを示しています。」

Aryakaの2016年第2四半期のハイライトは次のとおりです。

- 2015年の第2四半期および前半と比べて、前年同期比150%以上の成長。
- ゲーム会社のDemonware、ケーブルメーカーのVolex、学習プラットフォームのKnewton、中国の大手オンラインコラボレーションサービスプロバイダのQuanshiなど、新規顧客獲得数70社以上。
- 受注全体の40%は、Aryakaのサービス利用を拡張した既存の顧客ベースから発生。
- パートナーの貢献は第2四半期の受注全体の73%以上。
- 第2四半期の未請求バックログ(確定しているが未請求のお客様契約)は4500万ドル以上。
- 中国、アジア太平洋全域、およびヨーロッパが特に成長著しく、これらの地域の受注の成長率は米国と同じ。

「2016年第2四半期の業績は、堅調な業務遂行を示しています。」と、Aryaka CFOのKelly Hicksは述べました。「弊社は、現場の業務遂行と業務効率が明らかに収益へとつながる変曲点にあります。」

Aryakaについて

AryakaのグローバルSD-WANソリューションは、グローバル分散企業に、最適化されたソフトウェア定義ネットワーク接続とアプリケーション加速化を提供します。Aryakaのサービスには、4,000サイト以上に1000万人以上のユーザーがいます。スカルキャンディ-、中国国際航空、Freescale Semiconductor、ThoughtWorksなどの大手ブランドや、Microsoft Azure、AWS、Intelisys、SK Broadbandなどのパートナーの皆様が、エンタプライズ品位のネットワーキングニーズの対応にAryakaを採用しています。

詳しくは www.aryaka.com をご覧ください。TwitterFacebookYouTubeおよびLinkedInをフォローしてください。

Twitter: http://www.twitter.com/aryakanetworks
Facebook: https://www.facebook.com/aryakanetworks
YouTube: http://www.youtube.com/user/AryakaNetworks
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/aryaka-networks

お問い合わせについて
Aryakaメディアお問い合わせ先
Shehzad Karkhanawala
広報責任者
Aryaka
+1-408-273-8420
pr@aryaka.com



情報元リンク

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network