Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

ForeScoutとFireEyeが日本で統合ソリューションの提供開始

統合ソリューションでは先進的な脅威検出とエージェントレスデバイス可視化を組み合わせて、脅威への対応スピードを向上


SAN JOSE, CA, Jul, 14 2016 - (JCN Newswire) - エージェントレスサイバーセキュリティの先駆的企業、ForeScout Technologies Inc.は、ウェスティンホテル東京で開催されたFireEye Cyber Defense Liveで、FireEye, Incとの新しい統合ソリューションについての発表を行いました。この統合ソリューションは、両社のお客様が、FireEyeの技術、インテリジェンスおよび専門知識を組み合わせて、ネットワークにさまざまなエージェントレス可視化を行い、サイバー脅威の検出と対応の間のギャップを埋められるように設計されています。

今日の分散エンタプライズの問題に対応するには、従来のBYOD (Bring Your Own Device)およびIoT(Internet of Things)デバイスのセキュリティ確保のために、総合的な統合アプローチが必要です。ForeScoutとFireEyeは、お客様のエンタプライズネットワーク全体に実用的なインテリジェンスと可視性を提供することで、このニーズに対応します。さらにお客様は、ForeScoutのエージェントレス可視化およびコントロールアプローチと、FireEyeのエンドポイントセキュリティ機能を併用することで、感染した可能性の高いエンドポイントを隔離して、防御策を開始できます。

エンタプライズおよび工業制御システムのネットワークに接続するIoT(Internet of Things)デバイスの増加によって、サイバーセキュリティ攻撃対象領域も広がっています。IDCは2018年までに3分の2の企業がIoTセキュリティ違反を経験するだろうと予測しています。

ForeScoutは攻撃対象領域を最小限に抑えるために、BYOおよびIoTデバイスのディスカバリおよび分類に必要なエージェントレス可視化を行います。高度な脅威に対してこれとFireEyeのインテリジェンスを併用することで、ネットワーク内で未知のデバイスをモニタし、動的にセグメント化し、システム全体に高度脅威への対策を展開するサイバーセキュリティソリューションが実現します。

「この統合ソリューションは、FireEyeの脅威検出機能と、見えないものを見えるようにするForeScoutの可視化機能を組み合わせたものです。それによってITチームは、ネットワークに何が接続されているかをしっかりと把握できますので、両社のお客様は検出後数分で対応に移れます。これは、アジア企業にとって価値の高い、強力な組み合わせです。」
-Eric Hoh (FireEye社アジアパシフィック・ジャパン・プレジデント)

ForeScoutとFireEyeには、すでにForeScoutのエージェントレス可視化、コントロールおよび自動化ソリューションを、FireEyeのネットワークセキュリティとともに使用している多くのお客様がいます。「深夜、スタッフが寝ている間にもCounterACTは他のセキュリティソリューションとともに機能して、脅威にすぐに対応します。この種の自動化には値段がつけられません。」と、米国ミズーリ州最高情報セキュリティ責任者のMichael Rolingは述べました。

この戦略的パートナーシップは今後さらに拡大され、ForeScoutと、FireEyeのメール保護、エンドポイント、およびクラウドベース分析プラットフォームとの統合も含まれる予定です。

「セキュリティ業界は細かく分断されており、異なるベンダのソリューションはバラバラに機能して、互いにやりとりすることはありません。その結果、お客様のセキュリティチームはあまりにも多い情報と警告への対処に追われています。ForeScoutとFireEyeのパートナーシップは、ふたつのソリューションを橋渡しして、IoTデバイスのセキュリティ対策法や高度セキュリティ脅威への自動応答など、多くの新しいセキュリティ課題に共同で対応するよい事例です。本日ここ東京で開かれたFireEye Cyber Defense Liveイベントで、両社の統合ソリューションを発表できることを、誇らしく思います。」
-DQ Li (ForeScout Technologies社APJ地域VP)

ForeScout Technologiesについて

ForeScoutは、グローバル2000企業や政府機関向けに、デバイスがネットワークに接続した瞬間に検知して、制御し、異種セキュリティツールの間の情報共有や操作を調整する独自機能を提供しています。従来のセキュリティソリューションと違って、ForeScoutは、ソフトウェアエージェントや以前のデバイス知識を必要とせずにこれを達成しています。ForeScoutは、セキュリティサイロの解決、ワークフローの自動化、大幅なコスト節減などのために、主要なネットワーク、セキュリティ、モビリティおよびIT管理製品と統合されています。2016年1月現在、60国以上2,000社以上のお客様が、ForeScoutソリューションを使用して、ネットワークセキュリティとコンプライアンスへの姿勢を大幅に向上しています。詳しい情報については、https://www.forescout.com をご覧ください。

ForeScoutメディアお問い合わせ先
Elliott Suthers
Highwire PR
+1-415-509-5530 ex.6
ForeScout@Highwirepr.com


情報元リンク

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.