Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

サイバーセキュリティソリューションを提供するTrillium社、NXPセミコンダクターズ社と自動車のセキリュティ分野で共同研究を開始


MUNICH, Nov 16, 2016 - (JCN Newswire) - Trillium(トリリウム)株式会社(本社:愛知県名古屋市代表取締役:ディビッド マイケル ユーゼ)は、自動車向け半導体サプライヤーのリーディングカンパニーであるNXPセミコンダクターズ社と次世代自動車のサイバーセキュリティの実用化に向けて、共同研究を開始することを発表します。同日、ドイツ・ミュンヘン市で開催中の自動車向けセキュリティに特化したカンファレンス「ESCAR Europe」にて発表されました。

Trillium社は自動車へのサイバー攻撃から守る、自動車の車内ネットワークを対象にした暗号化・認証セキュリティソフトウェアソリューション「SecureCAR」の開発に取り組んできました。今回の共同研究では、NXPセミコンダクターズ社が提供している次世代チップS32K MCU※を用いた実車実装実験と通して、「SecureCAR」のセキュリティパフォーマンスの実証・改良を行います。

最初の実験では、S32K MCU上で「SecureCAR」のソフトウェアのパフォーマンスを実証します。その後NXPのスマートセキュアトランシーバまで範囲を拡大し、世界でも高い安全基準を持つ日本の完成車メーカの要求を満たすソリューションまで研究・開発をすすめ、最終的に自動車セキュリティ市場の要求を満たす、ハードウェアとソフトウェアのセキュリティソリューションを統合した包括的なセキュリティサービスの提供を目指します。

NXP Semiconductorsの汎用オートモーティブMCU製品担当バイス・プレジデントおよびゼネラル・マネージャー、Manuel Alves氏は次のように述べています。「NXP社とTrillium社の協調的な取り組みは自動車向けサイバーセキュリティにおいて両社のリーダーシップを確実なものとしていきます。Trillium社のSecureCARがNXPのハードウェアベースのセキュリティソリューションと相まって堅牢なセキュリティソリューションを提供することが可能となります。」

Trillium社 代表取締役 ディビッド マイケル ユーゼは次のように述べています。「今回の共同研究は自動車業界にとっても重要なステップとなります。コネクテッドカーは安全と様々な環境に配慮しなければなりませんが、そこにはサイバーセキュリティの存在が必要不可欠で、今回の研究を通じてリスクを極限まで減少させ量産につながる一歩にしたいと思っています。」

■SecureCARについて
Trilliumの「SecureCAR」は、認証、暗号化、復号、ダイナミック・キー・ロック・ペアリング(対称セッション鍵交換管理)、および車両ネットワーク・ペイロードを安全に保護するための非対称マスター・キー生成において特許出願中です。

■S32Kについて
S32Kは、他の革新的なセキュリティ機能の中でも重要なストレージのための真の乱数ジェネレータと安全なフラッシュを含むCryptographic Services Engine(CSE)を提供します。S32Kと「SecureCAR」を組み合わせたソフトウェアソリューションは、車載ネットワークのセキュリティ負担を軽減することで、リアルタイムのセキュアなアプリケーションを実現しますが、 最適化されたアプローチでは、従来の標準アプローチの3分の1の帯域幅しか必要としません。

MCU(Micro Controller Unit):一つの集積回路にコンピュータシステムをまとめた、組み込み用のマイクロプロセッサ
※NXP S32K MCU: http://bit.ly/2fXImuO

■Trillium株式会社(Trillium Inc.) 概要 ( http://www.trillium.co.jp/ )

代表取締役:ディビッド マイケル ユーゼ
所 在 地:愛知県名古屋市守山区大森八龍1丁目208番地
設 立:2014年7月

担当: 入江 美紀 コーポレート コミュニケーションズ ディレクター 
Email: pr@trillium.co.jp
URL: http://www.trillium.co.jp/


Ned Davis Research、RSRCHXchangeで顧問サービスを提供

f:id:JCNuser:20161026164529j:plain

 
VENICE, FL, Oct, 26 2016 - (JCN Newswire) - 客観的でエビデンスベースの投資リサーチ、分析および市場モデルの提供大手のNed Davis Research Group (NDRG)は、企業リサーチのオンラインマーケットプレイス、RSRCHXプラットフォーム上でNDR Advisory Serviceを顧客に提供するため、RSRCHXchangeと提携しました。

NDR Advisory Serviceは、NDRの分析、戦略および投資家の声を簡潔にまとめた月次、週次、および日次のレポートです。バリューと関連性の高い、経験に基づいたマーケットリサーチと知見の提供で豊富な実績のある企業から、さまざまなアセットクラスの約40人のアナリストとストラテジストの仕事を紹介します。

RSRCHXプラットフォームは、MiFID II準拠のリサーチ購買に対応するため、アセット管理機関やリサーチプロバイダの意見を取り入れて作られたリサーチ集約、購入および管理ソリューションです。RSRCHXプラットフォームは2015年9月にスタートし、現在140社以上のプロバイダのリサーチを約1000社のバイサイド企業に提供しており、その数字は毎日増大しています。

Ned Davis Research CEOのMatthias Paulは次のように述べました。「RSRCHXchangeと提携して、法人のお客様に顧問サービスを提供することに、たいへん期待しています。RSRCHXは、現在の新しい規制環境で他社に先駆けて、企業のリサーチ購買ニーズの対応に役立つ技術利用を推進しています。今回の提携を通じて、さらに多くのお客様にご利用していただけるようになるでしょう。」

RSRCHXchange共同設立者のJeremy Daviesは、次のように付け加えました。「弊社が提携するリサーチプロバイダに、Ned Davis Researchが加わったことをうれしく思います。ヨーロッパの投資リサーチ業界では間もなくアンバンドルが当たり前となりますので、高品質で価格透明性の高いマーケットリサーチとグローバル経済分析へのニーズが増大するでしょう。RSRCHXプラットフォームを通じて、さらに多くのアセット管理関係者の皆様にNed Davis Researchのサービスをご提供していきたいと思います。」

Ned Davis Researchについて

Ned Davis Research Group (NDRG)では、さまざなアセットクラスにわたって、バイアスが無く、豊富な知見にあふれ、リスクに適切に対応した量的指標、戦略、モデルおよび分析により、投資管理専門家の意思決定を支援します。1980年に有名な市場歴史家のNed Davisによって設立されたNDRは、ファンダメンタルおよび技術分析を組み合わせたユニークな360度手法を採用しています。NDRはまた、お客様のために、量的カスタムリサーチプロジェクトを実施しています。事務所は米国のベニス、アトランタ、ボストン、サンフランシスコおよび英国のロンドンにあります。

RSRCHXchangeについて

RSRCHXchangeは、企業リサーチのオンラインアグリゲータおよびマーケットプレイスです。アセット管理会社やリサーチプロバイダの声を取り入れて構築されたRSRCHXプラットフォームは、金融機関のリサーチ購入と販売の方法を根本から最新化する機関アセットマネージャー向けのリサーチアグリゲーション、調達および管理ソリューションです。

2018年1月にMiFID IIのアンバンドリング変更が施行される前に、RSRCHXプラットフォームでは、バイサイド企業がさらに効率的に、さらに判断しやすい透明な方法で、140社以上のプロバイダの企業リサーチにアクセスできるようにします。RSRCHXダッシュボードは、アセットマネージャーが受け取ったコンテンツの格付けと評価をし、購買プロセスを改善し、確実にMiFID IIに準拠するために、企業全体のリサーチ利用状況を自動的に追跡する方法を提供します。同時にリサーチプロバイダは、グローバルバイサイド企業コミュニティへのアクセスと、効率的な支払、コンプライアンスの他、アナリストが洞察力に富んだリサーチを作成する仕事に最大限集中できるように設計された管理プロセスを利用できます。

2015年9月に設立され、ロンドンに本社のあるRSRCHXchangeは、数十年にわたるファンド運用とリサーチ調達経験のあるエキスパートによって、国際ファンド運用業界の仕様に対応して構築された唯一のリサーチマーケットプレイスです。設立者は国内外のアセット管理およびリサーチコミュニティとのコラボレーションに重点を置き、追加機能やプラットフォーム拡張に継続的に投資しています。詳しくは http://rsrchxchange.com をご覧いただくかtwitter @rsrchxをフォローしてください。

お問い合わせ情報
Ned Davis Research Group
Leticia Doprado
ldoprado@ndr.com
50 Federal Street, 6th Floor
Boston, MA 02110

RSRCHXchange
Matt Fincham
Streets Consulting
matt.fincham@streetsconsulting.com

 
 
 

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

「Hong Kong Great November Feast」で今だけの特別な美食とお酒を楽しむ!

f:id:JCNuser:20161026164104j:plain

 
HONG KONG, Oct, 26 2016 - (JCN Newswire) - 香港政府観光局は、食のイベント、ストリートカーニバル、ワインや食の特別オファーなどの詰まったイベント「Hong Kong Great November Feast」を11月1日から30日までに開催します。

◆Elite Dining Week は、11月3日から13日に行われ、市内の人気レストランで、レストランの代表料理や、ワインとペアリングした料理の特別メニューを提供するプログラムです。
<参加レストラン>ミシュランガイドに掲載のストランであるDuddell's、波士廳(The Boss)、MIC Kitchen、その他コンテストなどの受賞レストランで、天空龍吟、欣圖軒、夜上海、ON Dining Kitchen & Lounge、Popsy Modern Kitchen、Upper Modern Bistro、Seasons by Olivier E.、Otto Restaurant、The Drawing Room、 Wagyu Takumi、Ta Vie など
詳細、予約に関しては、下記サイトをご参照ください。
www.elitediningweek.com/hktb

◆中国料理好きの方には、「Best of The Best 香港料理大賞2016」の受賞レストランでのお食事がお薦めです。15回目を迎えた本年の香港料理大賞では、4部門で40の料理が受賞をしました。11月中は、この香港料理大賞受賞レストランでのお食事が20%ディスカウントになります。
Best of the Best香港料理大賞の詳細は下記サイトをご参照ください。
www.discoverhongkong.com/bob

◆香港は、その活気あるナイトライフから今話題の新しいカクテルを生み出すミクソロジストが多く集まる場所としても知られています。11月1日から10日まで、30を超える香港の人気バーでの香港をイメージしたカクテルが「Buy one, get one free(1杯買うと、もう1杯無料)」になるThe Cocktail Agenda を開催します。
<参加バー> Aberdeen Street Social、Artesian Bar、Azure、Cielo、The Pawn、 Sugarなど
詳細は下記サイトをご参照ください。
www.feedhk.com/thecocktailagenda

【その他の11月の食とお酒をテーマにしたイベント】

Birthday Wine(11月1日~30日): 11月に誕生日の人にはHK$500以上の利用でワインのボトルプレゼント
www.DiscoverHongKong.com/BirthdayWine

German Bierfest 2016(10月21日~11月12日): ジャーマンビアフェス
www.gbfhk.com/

Great Wines of the World 2016 - The Grand Tasting(11月3日)
www.jamessuckling.com/event/great-wines-of-the-world-hong-kong-2016/

HKTDC香港インターナショナル・ワイン&スピリッツ・フェア 2016(11月10日~12日)
http://hkwinefair.hktdc.com/dm/2016/lapsed/index_jp.html

Queen's Road East Festival:ワンチャイエリアの利東街(Lee Tung Avenue)とThe Eastで行われる飲食のフェア
11月10日~13日 - Lee Tung Avenue Festival de Tapas
11月19日、20日 - QRE Wine & Whisky Walk
11月26日、27日 - QRE Carnival
www.leetungavenue.com.hk / www.theeast.com.hk

Beertopia 2016(11月18日、19日): セントラルのハーバーフロントで行われる香港最大のビールフェスティバル
http://beertopiahk.com/

Lai Kwai Fong Carnival(11月19日、20日): 香港島の繁華街ランカイフォンで行わるカーニバル
www.lankwaifong.com

■食のツアー・体験教室(開催日程は、各サイトをご参照ください。)
HK Brewcraft Home Brewing Workshop: 3時間のビール教室
www.hkbrewcraft.com

‘Cooking with Wine’at Flame at Towngas Avenue: 2時間の日本酒、ワイン、白酒を使った料理の教室
www.towngasavenue.com

画像のキャプション 1
Elite Dining Week は、市内の人気レストランで、特別メニューを提供するプログラムです。

画像のキャプション 2
30を超える香港の人気バーでの香港をイメージしたカクテルが「Buy one, get one free」になるThe Cocktail Agenda を開催します。

メディアの皆様は以下のリンクからイメージをダウンロードできます:
http://release.media-outreach.com/i/Download/5930
http://release.media-outreach.com/i/Download/5931
http://release.media-outreach.com/i/Download/5932
http://release.media-outreach.com/i/Download/5933

メディアお問い合わせ先:
香港政府観光局
vivian.li@hktb.com

 
 
 

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

TeaboxがTeaPacを発表

画期的なTEAPAC方式で最高に新鮮なルーズリーフティーを封入したTEAPACを発売

BANGALORE, INDIA, Oct, 20 2016 - (JCN Newswire) - グローバルな茶直販会社のTeaboxは、収穫場所で天然窒素を封入した個別包装ティーバッグ、TeaPacsを発表します。優れた茶商品を揃えたTeaPacsシリーズに今回加わった新商品は、味や新鮮さを損なわずに持ち歩けるTeaboxの最高品質ルーズリーフティーです。

Teaboxは、飲料市場で初めて製品に天然窒素を封入した会社です。酸素、光、熱、湿度などは茶の品位を落とし、味を損なう原因ですが、この方式によって茶葉は化学反応から保護されます。

「私は代々茶業を営む家に生まれ、いくつもの茶園の続く土地で子ども時代を過ごし、世界でも最高の紅茶を飲んで育ちました。そのため、フレッシュな茶がどのような味でなければならないか、よく知っています。」と、Teabox CEOのKaushal Dugarは述べました。「私どもTeaboxでは、皆様に常に世界最高のフレッシュな紅茶を飲んでいただきたいと考えていますが、誰もがルーズリーフティーでゆっくり茶を淹れる時間がないことも知っています。皆様にいつでもどこでも世界でもっともフレッシュな茶を楽しめるように、私たちはTeaPacsを作りました。」

従来のティーバッグには、ブロークンティーリーフが入っています。パッケージによって茶葉は自由に動けず、最高の味のポテンシャルに達することができません。TeaPacsの特徴はピラミッド型のバッグで、茶葉が大きく広がることができ、フルボディのフレーバーが抽出されます。

Teaboxでは第一弾として、伝統的で人気の高いイングリッシュブレックファストやアールグレイの他、マサラチャイやマウンテンローズなどのスペシャルティーなど、TeaPac 18種を発売します。これは市場でも特に種類の多いルーズリーフティーバッグシリーズです。TeaPacsは16袋入りボックス単位で販売され、価格$10です。送料無料の$30で、お好みのボックス3個を自由に組み合わせることができます。詳しくはwww.teabox.com/teapacをご覧ください。

Teaboxについて

Teaboxは、インドとネパールの150か所以上の茶園から収穫し、品質重視で厳選した200種類以上の最高のルーズリーフティーを提供し、数々の賞に輝くインドのネット通販会社です。Teaboxでは、フレッシュな茶こそ最高の味わいを発揮すると信じ、世界の皆様が飲む茶の一杯一杯を常にフレッシュなものにすることを、その使命に掲げています。Teaboxではサプライチェーンソーシング、コールドチェーンプロセシング、パッケージングなどのイノベーションを通じて、200年の歴史のある茶業界に革命をもたらします。

お問い合わせ先
LaunchSquad
teabox@launchsquad.com

 
 
 

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

EFMD、オーストラリア、フランスおよび英国の課程3コースがEPAS認定取得

BRUSSELS, BELGIUM, Oct, 20 2016 - (JCN Newswire) - オーストラリア、フランスおよび英国の3つの機関がEPAS認定を取得しました。

現在世界では35か国100以上のプログラムがEPAS認定を取得しています。

オーストラリアのRMIT大学経営学部経営法学大学院、フランスのEDC Paris Business School、英国のウェスト・オブ・イングランド大学経営法学部Bristol Business Schoolの3つの課程がEPAS品質ラベルを取得しました。

「RMIT大学経営法学大学院では、MBA (エグゼクティブ)課程がEPAS認定を取得したことを、うれしく思います。EPAS認定の際、学校は課程設計と実施状況、課程の成果、品質保証プロセスについて詳細を調査されます。」と、学長のMark Farrellは述べました。「EPASはまだ始まったばかりで、競争力を維持するには、継続的に改善していく必要があります。まだEQUIS認証取得をスタートしておらず、準備ができているかわからないビジネススクールの皆様は、まずEPASの検討から始めることを強くお勧めします。その結果、課程が大幅に改善され、厳正な外部認証のメリットをよく理解できるでしょう。」

「EPAS認証を取得したことを誇らしく感じるとともに、EFMD認定校のコミュニティに参加できることをうれしく思います。」と、EDC Paris Business School代表取締役で学長のJean-Marcel Jammetはコメントしました。「認証取得プロセスは、校内プロセスを見直し、学生へのサービスを改善するよい機会でした。」

「BA国際ビジネスコースのEPAS認証を無事取得したことにたいへん喜んでいます。この認証は、課程の質の高さを推奨する証として重要であるだけでなく、当校が国際化、企業としての取り組み、継続的改善などに努力していることも示しています。」と、前副総長で経営法学部執行部長のDonna Whiteheadは付け加えました。

EPAS認定機構は、イタリアのMIB Trieste School of Managementの保険およびリスク管理プログラムも再認定しました。

EFMD協会品質サービス部長兼EPAS部長のDavid Asch教授はコメントしました。「EPAS認定プログラムのコミュニティに新たに3つのスクールが加わったことを、歓迎します。EFMDからのプログラム認証取得は、経営分野のプログラムの品質を証明する方法として、もっとも要件が厳しく、かつ効果的です。また、MIB Triesteの再認証取得に心からお祝い申し上げます。4つのスクールはすべて、プログラム開発の点で著しく進歩しており、その優れた努力に対する推奨に値します。」

EPASについて詳しくは www.efmd.org/epas をご覧ください。

EFMDについて

EFMDはビジネススクールと企業で構成される国際的ネットワークで、グローバルな経営学教育の水準向上と開発の最前線を主導しています。EFMDについて詳しくは www.efmd.org をご覧ください。

編集者向け注記:
このプレスリリースには、関連の画像があります。このプレスリリースに関連する画像は、次のリンクをご覧ください。
http://www.marketwire.com/library/20161018-EFMD_EPAS_accreditation_oct19_pic01.jpg

お問い合わせ情報
お問い合わせ先:
EFMD
Magdalena Wanot
+32 2 629 08 38

 
 
 

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

ISID、女性活躍推進法に基づく優良企業として「えるぼし」認定を取得

f:id:JCNuser:20161017164509j:plain

 
TOKYO, Oct, 20 2016 - (JCN Newswire) - 株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井節生、以下ISID)は、このたび厚生労働大臣より「女性の職業生活における活躍の推進に関する法律(以下、女性活躍推進法)」に基づく優良企業として「えるぼし(2段階目)」の認定を受けましたので、お知らせいたします。

「えるぼし」は、2016年4月1日に施行された女性活躍推進法に基づき行動計画の策定・届出を行った企業のうち、女性の活躍推進に関する取組状況が優良な企業について、厚生労働大臣の認定を受けることができる制度です。認定は、基準を満たす項目数に応じて3段階あり、今回2段階目の認定となりました。

ISIDでは、中期経営計画の基本方針の一つに「人材力強化」を掲げ、そのアクションプランとして「ダイバーシティの推進」に取り組んでいます。女性活躍を推進する施策として、より働きやすい職場環境の整備、女性社員のキャリア開発を支援するセミナーや研修の実施、育児・介護等と仕事の両立を支援する制度の拡充等を進めています。

■女性活躍を推進する主な取り組み■

- ワークスタイル変革の推進
- 女性社員を対象としたキャリア形成セミナーや研修の実施
- 女性社員同士のネットワークづくりの支援
- ダイバーシティマネジメントの重要性に関するセミナーの実施
- 育児・介護等と仕事の両立に向けた支援施策の強化/新設

「女性活躍推進法」施行に伴うISIDの行動計画
http://www.ryouritsu.jp/hiroba/positive_planfile/201603291717284711994_1.pdf

ISIDは今後も、多様な人材が活躍できる職場環境の実現に向け、さらなる女性活躍の推進に取り組んでまいります。

<ご参考資料>

電通国際情報サービス(ISID)会社概要>
社名: 株式会社電通国際情報サービス(略称: ISID)
代表者: 代表取締役社長 釜井 節生
本社: 東京都港区港南2-17-1
URL: http://www.isid.co.jp
設立: 1975年
資本金: 81億8,050万円
連結従業員: 2,559名(2015年12月末現在)
連結売上高: 56,771百万円(2015年12月期)※9カ月決算
事業内容: 1975年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovatorをビジョンとし、金融機関向けソリューション、製品開発ソリューションをはじめ、グループ経営・連結会計、HCM(人財・人事給与就業)、ERPマーケティングクラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っております。

* 本リリースに記載された会社名・商品名は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

【えるぼし認定に関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
管理本部人事部 今村、田中
TEL: 03-6713-9538
E-Mail: g-diversity@group.isid.co.jp

【本リリースに関するお問い合わせ先】
株式会社電通国際情報サービス
コーポレートコミュニケーション室 野瀬、李
TEL: 03-6713-6100
E-Mail: g-pr@isid.co.jp

 
 
 

セクター: ITエンタープライズ, IT・インターネット

情報元リンク

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.

ACCAホワイトペーパーにより、トレーニングの利用しやすさ、ソリューションのシンプルさ、カスタマイズされたデータ分析サービスが、データ推進型ビジネスの創出のカギであることが明らかに

SINGAPORE, Oct, 20 2016 - (JCN Newswire) - アジア・クラウドコンピューティング協会(ACCA)から本日発表された『知識のギャップを埋めるデータ分析:アジア太平洋地域のビッグデータ分析の供給と需要に関するACCAホワイトペーパー』では、データ分析専門家が現在提供しているサービスと、利用を考えている企業のニーズの間のギャップを明らかにしています。これは、アジア太平洋地域の25社の企業とデータ分析サービスプロバイダに対して実施されたアンケートにより得られた結果です。

主な調査結果は次のとおりです。

現在の供給と需要のずれは、普及の障害についての意識の違いによって発生しています。ユーザーは、最大の障害はコストであると述べており、プロバイダは、分析サービスの実施方法についてのユーザーの認識不足と、スキルのある従業員の不足と考えています。

カスタマイズの幅の広い分析サービスを提供しているプロバイダほど、分析ユーザーの市場シェアを多く獲得できます。現在利用中および検討中の分析ユーザーは、分析サービスとインターフェースをもっとカスタマイズしたいと考えています。電子商取引以外の多くの業界の企業が、マーケティングや新しい製品およびサービスの開発に使える効果的な顧客ターゲティングや予測分析のために、正しい方法で分析を活用するのは難しいと感じています。

分析の知見が競争力維持のカギ。調査対象の企業の62%がデータ分析を利用しています。しかし、財務関係の意思決定に分析を使用しているのは半分以下で、人事の意思決定に分析を使用しているのは20社に1社にすぎません。

TrustSphereのArun Sundarによれば、「近い将来、データ分析の効率的利用によって、アジア太平洋地域の企業は大きな影響を受けるでしょう。しかし、その普及と価値向上には、エコシステム全体が何らかの役割を果たす必要があります。たとえば分析プロバイダは、カスタマイズされたバリュープロポジションを開発する以外に、研修やサービスを提供して、各種のデータソースや、潜在的なスキルのギャップなどに関する顧客の理解を助ける必要があります。政府自治体や事業者団体も現時点では、業界のベストプラクティスに沿って需要側と供給側のバランスを取るために欠かせません。」

プレスリリースとホワイトペーパーの全文は http://asiacloudcomputing.org/research/2016-data-analytics-whitepaper をご覧ください。

ロゴ
http://release.media-outreach.com/i/Download/5805

アジア・クラウドコンピューティング協会(ACCA)について

ACCAは、アジア太平洋地域のクラウドコンピューティングエコシステムの関係者を代表する業界団体です。詳しくは www.asiacloudcomputing.org をご覧ください。

TrustSphereについて

TrustSphereは、関係分析の先駆的企業として広く知られています。詳しくは www.trustsphere.com をご覧ください。

お問い合わせ先
メディア問い合わせ先:
Suzy Goulding
Umami Collective
電話: +6585119524
メール: suzy@theumamicollective.com

 
 
 

Copyright ©2016 JCN Newswire. All rights reserved. A division of Japan Corporate News Network.